厄年は人生の節目にやってくる神道の決まりで、陰陽道の影響とも言われています。男女別に一定の年齢が定められ、本厄と位置づけられます。さらに、本厄の前後をそれぞれ前厄と後厄と言い、注意が必要な年との定めがあります。本厄は厄払いが必要とされていますが、前厄と後厄で厄払いが必要かどうかは人により異なります。男子の場合の本厄は、数え年で25歳・42歳・61歳の3回とされています。女性の場合の本厄は、19歳・33歳・37歳・61歳で、男性よりも1回多い4回が決まりごとです。男女とも厄年の前後は人生の筋目と重なることが多く、身の回りのことに気をつけなければなりません。

厄年や厄払いは神式で決められたことなので、神道の信仰がない方にとっては無縁です。しかし、一般的な日本人は年始や季節ごとの祭りで神社参りをすることが多く、関わりがないとは言えません。また、人生で成功する人の多くは神社参りを欠かさないとも言われており、厄年には神社でお払いをしてもらうほうが無難です。お払いの効果は精神的なものの他に、見えない力に働きかけることでご利益を得られることがあります。厄年のお払いはそれをしないと何らかの凶事が起きるとされているので、それを避けるために必要となるものです。

男性に最初に訪れる厄年は25歳です。ほとんどの男性が社会人となり、本格的な働きを始める年齢と重なります。男性は社会人となると、先輩方から厳しく鍛えられるのが一般的です。その試練を乗り越えない限り、その道に進んでも一人前になることはできません。さらに結婚して家庭を持つことも考えなければならない重要な節目が25歳です。男性の42歳は仕事の責任が重くなる年齢です。職場での実務で中心的な役割を担い、その責任は重くなります。無理をしすぎて体を壊してしまう年齢です。男性の61歳は仕事から退き、第二の人生が重なる時期です。現在は現役で働ける年齢ですが、それまでとは働き方が異なる筋目となることでは同じとなります。

女性に始めて訪れる厄年は19歳です。昔はこの年齢の前後で第一子を出産をする女性が多く、この年齢が決められたとも言われています。現在の女性の初産年齢は一般にこれよりも高く、33歳・37歳の厄年付近に該当する場合も増え傾向です。いずれにしても、女性の役年は男性よりも多く、30歳代に2回設定されている意味は考える必要が有ります。人の人生の重大事や大きな変化が厄年に現れるとは限りませんが、厄年の年代に重大事や大きな変化が起きやすい事だけは万人に共通しています。

厄払いに行く時期は、年の初めから立春までが良いとされています。また、地域の風習や神社によっても異なるので、確認する必要があります。初詣と合わせて厄除け祈願をする方も多くいますが、混み合うのが難点です。時期をずらしてゆっくりと祈願するのも良いでしょう。厄年や前厄と後厄に該当する場合は、遅くてもその年の前半には祈願を済ませることが必要です。遅れると、その年の凶事が避けられない事態となることも考えられます。都合が付く限り、その年の立春までには祈願を済ませる必要があります。

厄除け祈願は神社の神様に対して厄払いをお願いするものです。服装は当然フォーマルのものが必要です。男性ならばスーツか普段着でも崩れない格好をする必要があります。女性がスカートを着用する場合は、丈の長いものを選んだほうが無難です。神社の祈祷では畳の上で立ったり座ったりすることになるので、短いスカートは避けるべきです。畳に上がるには、靴下もきれいなものが必要です。穴の開いた靴下では恥ずかしいお思いをしてしまうので、出かける前に確かめることが必要となります。

祈祷料は神社によって一定額が決められている場合があります。用意する金額は神社が定めた額が必要です。一般的には5千円から1万円が多く、地域や神社によって差がでる傾向にあります。前厄や後厄は本厄と比べて少ない額でもかまわないのが一般的です。神社で特に定めのない場合は、本厄と比べて金額を落としても問題はありません。祈祷料には一般に上限が無く、自分が願う内容やことの重大性に応じて大きな金額を包むのは一向にかまいません。むしろ、高額な祈祷料を納めたほうがご利益は大きいと言えます。

前厄や後厄に厄払いが必要かどうかは、本人の気持ちの問題によります。厄年と前後して重大事や大きな変化が予想される場合は、その前年と後年にも祈祷をしてもらうことが望まれます。祈祷をしてもらわないことで心配するよりも、祈祷をしてもらうことで安心できるのであれば、そのほうが良いに決まっています。神社選びは日ごろからお参りしている神社がベストです。通いなれた神社で祈祷をしてもらうことで、心が落ち着くことになります。神社は全てパワースポットと考えられます。この世には人間がまだ知らないことがたくさんあります。陣地を超える力に頼ることは、人生を安全に過ごす秘訣です。