自然現象に神々の息吹を感じ取り、その影響によって生きる人々が感謝の祈りを捧げるのが神社ですが、神聖な聖域として扱われ、簡単に立ち入ることのできない場として存在するため、昔から神様を迎え入れる拠り所、家の中を神様に守ってもらおうと、神棚を設置されているご家庭は数多くあるのではないでしょうか?

風習や地方によっても変わりますが、知っておきたい神棚の飾り方などを紹介します。

神棚を祀る位置は、どこに設置するの?

神棚は神聖な社と位置づけ 仏間など家の中で落ち着いた部屋へ配置ください。リビングルームなど騒がしいい部屋への配置はお避け下さい。また方角的には南か東向き(北か西を背にする)で祀るのが通常です。祀りものにつきましては方角が重要な意味を落ちますのでご注意ください。

また、神棚は上位になるよう鴨居より上の方などに棚を設置し安定した設置が大切です。なぜならば蝋燭など火を使用するため 安定した棚などで固定した場所へ配置しないと危険だからです。

神棚 お札

神棚で見かけるお札は神様の名前が書かれているように、神様そのものであり、神棚で祀ることは恐れ敬うという意味を持ちます。神様を大切にするためにも立派な神棚を用意して、丁寧に迎え入れるためにお札をお祀りするのです。

神棚にも様々な造りがあり、お祀りするお札によって扉を1つ持つ三社宮や、扉1つで狭い場所でも設置できる一社宮などがあります。分譲マンションやアパートなどの集合住宅が増える近代では、神棚を設置できるスペースがほとんどないため、簡素化したミニ神棚を用意する家庭も増えていますが、お札を重ねる際の順番やお供えするものだけは間違えないように気をつけましょう。

お札を納める場所を内陣と呼び、そこに祀るお札を設置します。三社宮のように複数に設置場所がある場合、中央に神宮大麻、向かって右に氏神様、左にその他の信仰する神社となります。1つに重ねる場合は手前から神宮大麻、氏神様、その他の信仰する神社といった具合に並べることになります。

神棚の「雲」の意味とは?

神棚の上に「雲」と言う文字が貼られているところを、見たことはないでしょうか。初めてご覧になる方は、とても不思議に思われるかもしれませんが、これにはとても重要な意味があるのです。

そこに神様がいらっしゃるという意味を持っており、その上を人が歩く・居るということはあってはならないこととなるのです。

しかし、例えばマンションやアパートなどでは、上の階にどうしても住人が居ることになりますし、また一戸建てでも、設置する最適な場所がその家の最上階にない場合があります。

そこで「雲」と言う漢字を貼ることで、「上には何もありませんよ」という意味がもたらされるのです。この上は天と繋がっているという意味合いを持ちますので、たまに「雲」ではなく「天」という漢字も用いることもあります。

「雲」は、2種類ある

1つはそのまま漢字で書かれた「雲字」、もう1つは木材を掘ってデザインされた「雲板」というものです。

地方に行くと、どちらかというと「雲板」の方が頻繁に見受けられるかもしれません。「雲板」は、神棚の全面・上部に貼り付けるものですが、では「雲字」の方は、どのようにして貼り付けるのか、正しい貼り方があるのでしょうか。

昔の方(私達の祖先など)が行ってきた方法では、ご飯粒を利用して貼り付けるのが風習だったようですが、きちんと貼り付ければ良いようで、今ではセロハンテープなどを活用しているご家庭もあるようです。

また文字の向きですが、特に決まった方向はないようです。ただ出来れば、神様から見て見えやすい方が良いので、神棚から見て正面になるように貼ると良いとのことです。

貼り替え時期ですが、古くなったものをずっと貼り付けてあるのも、神様に対して良くないですので、もうそろそろ古くなってきたな替え時かなと感じたら、その都度新しいものに貼り替えることも大切です。

神棚への鏡餅の飾り方は?