飛行機が墜落する、このことは本当に恐ろしいものであり、仮に夢であったとしても、とてつもない恐怖心を味わうものです。また、実際に日本でも飛行機の墜落事故というものは過去に起きており、そのようなこともあって、現在でもなお、このような事故に関しては、空港関連の会社なども、全力で防止する対策をされている、と言われています。

また、この上記のようなニュースの際には、日本中でこの関連の報道がされ、いかに怖いことであるのか、また、どうして事故が起きてしまったのか、という入念な検証がされ、現在に至っています。

ただ、このような事故というものは、実際にはかなりの低い数値、とされており、それでもなお、実際に起こってしまった悲劇として今でも語り継がれています。

警告夢の場合もある

意味として、夢占いとは異なる、またはある意味で、夢占いとも言えるものですが、実際に海外、または日本でも上記のような飛行機のこのような事故が起きた際に、たまたま、このような恐怖の夢を見たため、搭乗を直前にキャンセルしたところ、前述のような事故が起きてしまっい、それを知ってぞっとした、という体験談が多く残っています。

これは、警告夢と呼ばれており、基本的に「祖先が守ってくれた」または「神様などが守ってくれた」というようにも言われていますが、不思議なことに、このような事故の際には、飛行機だけでなく、豪華客船などでも、同じような警告夢を見た、という方が世界中におられます。

正夢と第六感

このような恐ろしい墜落の夢を見た際に、それが「警告夢」と言われ、つまるところ「守っていただけた」ということで、生き延びることが出来た方々がおられます。

この場合、上記のように「守っていただいた」という意味合いを持つケースと、もう一つの理論として「第六感がとても強い」方の場合には、このように予知夢として、恐怖心が行動力となり、仮に旅行などの楽しみのものや、どうしても都合をつけなければならない予定の搭乗であっても、第六感の方が動き、こうして難を逃れた、ともされています。

つまり、「守っていただいた」または、「異常に大六感が強い」ともされ、そのケースで墜落を免れた、つまるところ「正夢になったケース」というものです。

墜落して燃える飛行機を見ている場合の夢占い

ちなみに、飛行機そのものの意味としては、夢占い的には、「運気の向上」を表している、とされています。

これは、どんどんと機体そのものが空に昇って行くことと同じ意味で、意味合いとしては、このような夢の場合には、運気がアップしている状態、とされており、とても良い意味合いになります。

一方で、その機体が落ちてしまい、その際に炎が巻き上がっている場合には、意味合いは異なってきます。

まず、炎が燃え盛る、という夢そのものは吉夢とされています。そして同時に、助かった場合にも吉夢とされているため、この場合には吉としての意味合いとなっています。

落ちた機体を震えながら見ている夢占いの意味

炎そのものは、勢いよく燃えていること、それ自体がとても幸運の証であり、現在でも、炎は生活にはなくてはならないものであり、昔には、凶悪な動物たちから人間が身を守るための大きな武器の一つでもありました。

動物は火を恐れる、と言われていたからです。

そのため、炎、火などが勢いよく燃える意味には、金運アップの意味と、思いがけない財産を得る、という意味があり、同時に宝くじなどに当たった方も、このような勢いよく燃える炎の夢を見た、とされている人が多いというデータがあります。

ただ、落ちた機体と同時に、自分自身が恐怖心で震えているという場合には、吉または凶の判別はつけづらい夢、とされています。

墜落と同時に死んだ夢のケース

この場合、自分自身が亡くなっている場合には、基本的に「生まれ変わり」を意味しています。

つまり、今までに嫌なこと、嫌な人物、このような物事から解決されることがあり得ることを意味しており、同時に、死とは生まれ直して、もう1度人生をやり直す、という意味を持っているため、とても良い夢の意味を持っています。

ただ、実際に、警告夢などの場合もあるため、その点には注意が必要であり、もし日頃から第六感などが優れている、または他の人から霊感がある、などの特別な力がある、と言われた場合や、何かしら気がかりな点があるなど、このような場合には、「警告夢」の可能性も高いため、夢を見た後に、搭乗をする機会などがある場合には、気をつけるべきかもしれません。

他人が事故で亡くなっている夢の場合

こちらも、基本的に警告夢などの場合などのケースでなければ、「自分自身が死んだ」と同じ意味合いになる、とされています。

つまり、かなり辛いことですが、他人は自分であり、その人が死んでいるということは吉夢であり、自分が生まれ変わり、今後の物事が良くなっていく、しかし、時間はかなりかかる、という意味を持っています。