運気を上げる方法に取り組む前にそもそも運気とはどのようなものかご存じでしょうか?占いなどでは生まれた生年月日情報を基にしてアップダウンを繰り返すバイオリズムのように一年の間の流れを示された経験があると思いますが、スピリチュアル的なものですよね。ワタシがお世話になった先生は、一言でいうと幸運をつかむためのエネルギーと話されていました。

 

つまり、運気を上げるだけでは幸運になれないということなのです。

 

 

例えば、いくら運気がいい人でも行動しなければ成功しませんし、運気がないからといっても失敗はするけれども、幸運をつかむことができるといった具合ですね。要するに客観的に自分の運気の状態を知っておくことこそが、大切な要素であるということです。

 

ですから、運気が悪いから何をしてもうまくいかないんだということではなく、自分の行動次第でいくらでも変えられるんですよ。

 

ただ、うまくいっていないときには客観的に自分の行動を見直すことはできませんし、気持ちにも余裕がなく感情的になっていうので行動が裏目に出て空回りしてしまいがちです。そして、いくら良い話を高いお金を払って聞いたり、コンサルを受けたりしても変われず、あきらめていくのです。このように運気のせいや教えてくれた相手が原因でないことが多いんですよ。

 

まず、幸福に至るためのあなた自身の目標や願望を実現するためには、変われるという期待感だけではなく、自分にとっての不都合を客観的に見つめて、今の自分の運気の状態に合わせた行動をとれるようにしてください。

 

これは弱くかっこ悪い自分を見つめることになり、目をそむけたくなるでしょうが、そんな感情もありのまま受け入れて、あなた自身の幸福をつかみ取ってくださいね。

 

信じられないほど幸福が舞い込む日々の積み重ね

運と聞くと自分ではどうしようもないと考えるかもしれませんが、社会で成功している方は『天運』と『自分で運ぶ運』の2つが同時に存在していることを、身に染みて実感しているでしょう。

運は『運ぶ』と書きますが、神様が決めていることのように思えることを含め、最終的に運がよくなるかどうかは、自分で良い運気を運んでくることが決め手になっているからです。ですから、上手に関われば運はコントロールできるはずです。当サイトでご紹介している運気を上げる方法を生かすも殺すもあなた次第ということを認識してください。

家相は日々の生活を送る大切な場所ですから、以下の運気を上げる方法をまず見直してみましょう。

家の氣の出入口の玄関を整えよう!

住んでいる家族全員の運気を左右する玄関をまず見直すことは必須です。掃除はもちろんのこと玄関マットも安物ではなく高級感のあるものに変更し、八角鏡や盛り塩などで運気の出入り口を整えましょう。

 


 

トイレをキレイにしておこう!

トイレ

現在は神社仏閣でも観光客のためにトイレはありますが、不浄の場所であったため昔は敷地内には置かなかったほどです。

そんな悪い氣がたまりやすいトイレをキレイにしておくことは、さらに運気を悪くしないためにもしてほしいポイントです。

開運アイテムで足りない運気を補おう!

専門的な知識がなくても手軽に始められるのが開運グッズです。さらに運気を上げたい方、風水などの開運知識を生活で細かく取り入れるのが億劫で続けられない方はおすすめの方法です。

 

参考例

運気の上がる春財布 | 金運財布なび

女性ならではのキッチン!

台所

五黄殺のエネルギーであるでも汚い・臭いが充満しやすいのでキレイで明るい状態に常に保てるようにして、マイナスエネルギーをためないように捨てください。

寝室での寝る方向!

寝室

北枕と聞くと死んだときの方向で縁起が悪いと思われがちですが、もともとは安眠してくださいという意味での決まり事です。

立っているときには血は頭から足へたまりがちなので、それを下すという意味合いでも北枕で寝ることがよいでしょう。

まとめ

運には、「先天運」と「後天運」がある。しかも、時を刻んでいるので常に変化していることを理解する。

そして、運気を上げる方法を本格的に実践する際には2つのバランスが重要で、一生つきまとう「先天運」を意識しつつ、あなた自身の努力で理想の姿へと導くことのできる「後天運」を変えていくことが重要なポイントです。